副作用を意識しておこう|副作用に気をつけながらミノキシジルを使って個人でAGA治療しよう

副作用に気をつけながらミノキシジルを使って個人でAGA治療しよう

副作用を意識しておこう

クッションを持っている男性

今となってはAGA治療薬を代表する存在としてミノキシジルが有名になっていますが、最初から薄毛や抜け毛を改善させる目的で開発されたわけではありません。
元々は高血圧患者を治療するための血管拡張剤として開発されたのです。
しかし、臨床実験をしているなかで、ミノキシジルを使用した人の体毛が濃くなるという副作用が強くあらわれたことから、薄毛・抜け毛治療に使われる医薬品となったのです。

AGAになってしまう原因のひとつとして、発毛サイクルの乱れがあります。
しかし、ミノキシジルは元々血管を拡張させる効果があったため、血行促進にもつながり、それによって髪へも充分な栄養が行き届くようになります。
これによって発毛サイクルが改善され、再び強い髪が生えるようになるのです。
高い発毛効果を持った医薬品としてミノキシジルは人気なのですが、強力な効果を持っているがゆえに副作用を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

ミノキシジルの副作用として最も多いのが多毛症です。
これはミノキシジルがAGA治療薬となるきっかけを作った効果でもあります。
先ほども言ったように、ミノキシジルを使用すると体毛が濃くなってしまいます。
ミノキシジルタブレットのような内服薬の場合、体内から全身へ有効成分が行き渡ってしまうため、髪以外の部分にも発毛効果が出てしまうのです。
命に関わる問題ではないですし、体毛が濃くなると言っても、それは以前に比べればの話です。
ただ、一応こういった副作用が確認されているということは頭に入れておきましょう。